50歳転職ガイド | 新しい仕事を始める秘訣と鉄則

*

転職のメリット・デメリットとは?

   

1.転職をするメリットとは?

 50歳になってから敢えて転職をするメリットはどこにあるのでしょうか。考えてみれば、これはひとつやふたつに留まりません。もしそのうちどれかひとつでも自身に当てはまっているのであれば、転職を考えないのは勿体ないでしょう。転職のメリットは、まず、現状から抜け出すことができます。50歳になって転職を検討する多くの人は、現状に満足していないはず。扱いがひどい、給与が上がらない、やりたいことと異なるなど、そういった不満から解放されるための手段として転職を考えてみてもいいのかもしれません。そろそろ社会人としての集大成、50歳はそんな年齢ですが、もしこれから急速なキャリアアップを目指すのであれば、それもやはり転職が叶えてくれるでしょう。若い頃のチャレンジ精神をもう一度味わえるのも転職をするメリット。色々な意味で自分を成長させてくれる、それが転職なのです。

2.転職をするデメリットとは?

 転職活動を開始すれば、必ず転職に成功するとは限りません。雇ってくれる企業が現れなければ、ずっと無職の状態が続く可能性だってあるのです。しかも50歳で転職となると若い世代の転職と比較すればその可能性はずっと高い。これは大きなデメリットと言えるでしょう。仮に転職できたとしても、年下の上司が増える、新たな人間関係を築かなければならないなど、人によっては屈辱や面倒さを感じ、精神的なデメリットが生じるかもしれません。少し視点を変えてみると、勤続年数が影響してくる退職金や年金にもデメリットが出てくることがあります。福利厚生なども例外ではなく、経済的なことを考えれば、やはり転職のデメリットは避けられないようです。

3.転職をする際の心得とは?

 50歳になってから転職するのであれば、すんなり成功しなかった時のことも考えておくべきです。例えば今の仕事を続けながら転職活動をしたり、十分な貯蓄がある状態で転職活動を開始するなど、特に経済的な部分に関しては余裕を持っておいた方がいいでしょう。また、本当に転職すべきかどうかも自問自答を繰り返し、さらには家族などにも相談して決断するようにしてください。そして決断をしたら、それを最後まで貫き通す覚悟を持って臨むこと、これらを心得ておけば、良い結果が待っているのではないでしょうか。

 - 転職活動の予備知識

  関連記事

no image
円満退社の心得

①なぜ円満退社をしないといけないのか  50歳ともなれば、企業にとっては屋台骨と …

no image
転職活動にはスケジュールを立てる事が必要

1.転職活動のスケジュールを立てよう!  人生の、そして社会人としても経験豊富な …