50歳転職ガイド | 新しい仕事を始める秘訣と鉄則

*

自己分析と企業分析から自分に合う企業を見つける

   

自己分析と企業分析から自分に合う企業を見つけよう

 50歳で自分が納得のいく転職を果たすためには、個人の思いだけでなく、企業にとって有用な人材であることをプレゼンし、理解してもらう必要があります。そのために絶対に必要なプロセスが、自己分析と企業分析です。

 自己分析では、これまでの自分のキャリアを棚卸し、上げた実績を並べるだけでなく、その仕事をするうえで果たした組織的な役割や、創意工夫を凝らした点、自己評価とその理由を、きちんと紙に書き出します。

 また、より実態を知りたいというのであれば、これまでの上司や部下が自分に対してどんな評価をしていたのか、家族や友人はどう見ているのかをヒアリングしてみるとよいと思います。自分の認識とのズレを知ることで、応募時の戦略を変えることができるかもしれません。

 同時に、自分が応募しようと考えている、企業の分析も不可欠です。応募企業の経営理念やビジョン、社員の平均年齢や在職期間などを分析すると、50歳の中途採用者に求める、職務ではなく役割が見えてくるはずです。業界や職種に精通し、短期的に成果をあげられることだけでなく、強い組織をつくるために、後進をどう教育・指導・育成できるのかという点も、企業は見極めようとしています。

 自分のアピールポイントと、企業が求める人材像がわかれば、両方にマッチする点を探し、具体的なエピソードを添えて、プレゼンできるように準備できれば、ライバルに差をつけることができるはずです。しっかり、事前準備をしましょう。

異業種の場合のアピール

 50歳になっての転職は、これまで経験を積んできたのと同じ業界、職種である方が採用の確率が高いのが現実です。とはいえ、ビジネスマン人生の集大成として、どうしても異業種の仕事にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。

 その場合は、これまでの仕事を通じて得たスキルの中で、異業種でも発揮できるものに特化して、応募書類を作成し、面接でアピールすることをおすすめします。とはいえ、企業は50歳の中途採用者を入社後に教育しようとは考えていないので、仕事に必要な知識や技術は、資格など目に見える形で証明できるように習得しておく方がよいでしょう。

 - 自己分析と企業分析

  関連記事

pls0096109[1]
企業分析に役立つアイテムとは?

①企業分析はどうやってすれば良いのか  就職活動をするにあたって企業分析をするこ …