50歳転職ガイド | 新しい仕事を始める秘訣と鉄則

*

内定・入社を保留・辞退したい場合の対処法

   

内定を保留・辞退したい場合の対処法と注意点とは?

 転職活動では多数の企業に応募するのは一般的で、活動中において内定をもらっても、他社の結果が出るまで保留にしておきたいと考えるのが普通です。こういった連絡というのはしづらいものですが、保留することは珍しくないため、内定の連絡が来たらすぐに保留したい旨を伝えましょう。

 ただし、保留できるからといって、いつまでも保留しておくことはできません。だいたい2~3日程度が一般的とされており、どんなに長くても1週間が限界です。企業によっては1週間も待てないと言われる場合もありますので、その際は待ってもらえる期間内にてお願いしましょう。

 また、保留をお願いするときには、他社の結果待ちといった状況を素直に伝えるのはよくありません。また、あくまでも入社する意思があることを伝えなければいけないために、なにか理由を考えなくてはなりません。例えば、入社する意思があるのですが、妻にも御社に入社することを喜んでもらうために、御社について理解してもらう時間を頂きたいといったかたちが良いでしょう。

 内定を辞職する場合には、辞退を来た時点ですぐに連絡するのが社会人としてマナーです。入社のために企業は動いていますので、できるだけ早く行いましょう。

内定を受諾した上で入社を辞退したい場合の対処法と注意点とは?

 内定通知書が届いた際には、内定承諾書が同封されているケースが基本で、入社する意思がある場合には承諾書を記入し返送します。しかし、承諾書を提出した後に他社から採用の結果を受けて、辞退したいとなることもあります。

 そうなった際には、すぐにでも辞退したい会社に連絡してください。連絡方法は電話か直接訪問するかのどちらかです。手紙やメールなどの一方的な伝え方は、マナーとしてよくありません。会社は採用準備を進めていますので、まずは謝罪することからはじまります。

 そして辞退することを告げるのですが、気持ちを込めて簡潔に伝えることが大切です。慎重に検討した結果、誠に勝手ながら辞退させていただきますといった感じで大丈夫です。時間が経つほど会社の準備も進んでしまいますので、連絡は早ければ早いほど良いです。

 - 転職マナーとルール

  関連記事

MS251_memotonewsp500
添え状・お礼状の役割と書き方のコツ

添え状・お礼状はビジネスマナー  就職活動において、応募書類の送付時や面接後のお …

af9920054163w[1]
転職先へ入社前にする確認事項

転職先へ入社前に確認すべきこととは?  ●実際の勤務地  ●初出勤の日時  ●必 …