50歳転職ガイド | 新しい仕事を始める秘訣と鉄則

*

50歳の転職にめげない方法

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 登録も利用も完全無料!5分以内で簡単登録
  • スカウト機能に職務履歴を登録すれば企業からオファーが来る
  • 業界の中でも圧倒的な求人数を誇る
  • 利用者の声
    良かった
    リクナビNEXTは、50歳の私にとって、非常に心強い存在でした。50歳での転職、ましてや家族がおりますので、年収も極端に落とせないという苦しい状況で見つかるのかという不安しかありませんでした。登録する前に、公開求人で「50歳」のキーワードで検索してみると、予想以上の企業がヒットしましたので非公開求人ならさらに多いだろうと確信し登録しました。まもなくオファーも数件ありまして、私の希望に近い条件で転職することができました。
    良かった
    50歳での転職。簡単にできないのはわかっていたので慎重に行わなければいけないと考えていたのはもちろんである。まず、転職サイトを利用。一番先に選んだサイトがリクナビNEXTである。一カ所では決まらないのは分かっていたので、軽い気持ちで登録したら、何とオファーが来た時には正直、驚いた。
    普通
    50歳になって転職という事態に直面しました。今後どのように仕事をさがしていくのが良いのか日々悩んでいました。その時に、リクナビNEXTという求人サイトがあることを知りました。とにかく、何かしなければいけないと言う気持ちで登録しました。二週間が過ぎてもオファーがなかったので諦めていた時に、ポンと1件ですがメールが入りました。登録者全員にオファーがあるわけではないのはわかりますが、ある程度の目安期間があれば参考になります。
    不満
    50歳の転職ということで、ハンデがあるのは充分に承知していました。登録する際の職務経歴のポイントも参考にしました。しかし、全く音沙汰はありませんでした。直ぐに諦めて違うサイトに登録したら約1月で、希望条件に近い仕事が決まりました。知名度で選べばよいものではないということは思い知らせられました。


    リクルートエージェント
    詳細
    ★★★★
  • 求人紹介から転職後のフォローまでサポート!
  • 会員しか見られない非公開求人数は約約6万6000件
  • 転職エージェント部門、転職成功実績No.1
  • 利用者の声
    良かった
    迷っている段階でもリクルートエージェントは利用できる、そう知った私は早速利用。本当にその通りでして、迷いを減らしてくれる助言や提案には感心しきり。アドバイザーよりも年上の私のことを気遣う様子も見られ、気持ちよく転職できた点が私にとっては大きかった。
    良かった
    50歳からの転職だったので失敗したくないと高望みをしていたのですが、他のサイトでは見つけられない求人を複数紹介してくれたリクルートエージェントは、非常に優秀で業界との繋がりも強いのだと感じています。これは使ってみないとわからないサービスではないでしょうか。
    良かった
    豆知識とか、業界人の本音とかもコラムで読めるんですよ。私的にはそれが気に入りました。他のエージェントはノウハウなどは掲載されていても、こうした面白い、しかも転職に無関係ではない記事はなかなか読めないですからね。私の転職の成功にも幾らか影響したと思いますよ。
    普通
    リクルートエージェントは比較的専門的な求人が多かった。50歳でこれまでとは少し異なる業種への転職を試みた場合、私もそうでしたが、なかなか再就職先が見つけられない。公開求人もそうだし、非公開求人も然り。私と似たような立場の人に積極活用を勧めるには二の足を踏んでしまうかなあ。
    普通
    誰にでも利用する価値があるかと言えば、そうでもない。しかし、キャリアアドバイザーに相談する価値は大いにある。転職できるかどうかは別問題だが、登録しても損はしない、そんなイメージのエージェントです。可もなく不可もなくといった言い方が的確でしょうか。


    1.50歳の転職活動は長期化しやすい

     転職市場で人気なのは、20代から30代前半までです。40代以上でも求人数は減少し、50歳での転職ともなれば、さらに厳しさが増します。在職中で転職活動を始めるにせよ、次の職場を見つけるのは、そう簡単ではなく、長期化する傾向があります。リストラや会社の倒産で再就職先を探している方は、さらに辛い状況に置かれます。そのため、めげずに転職活動を行う方法を実践することが大切なのです。

    2.転職を実現するまで実践すべきこと

     50歳の転職活動中には、落ち込むことも多くあります。不採用通知が届くたびに落ち込んでいたり、転職先が決まらない不安感に苛まれていても、目指すゴールには近づけません。強い精神力と行動力で、以下の方法を実践し続けましょう。

    ★ここがポイント!

    ・転職活動の進め方を見直し、改善点を見つけて修正する
    ・生活の中でメリハリを持って、転職活動を進める
    ・転職活動の相談相手を見つける
    ・愚痴や弱音を受け止めてくれる場所を見つける

     四六時中、転職活動のことを考えていることが、効率のよい進め方ではないと認識しましょう。

    3.転職活動は定期的に見直す

     応募書類が返送されて来たら、履歴書や職務経歴書は捨てずにとっておいてください。見直して、何が悪かったのかを考え、書き方を改善する参考になります。面接まで行って不採用だった場合は、質疑応答で何を話したか、話過ぎなかったかなど、自分を冷静に振り返りましょう。コツは、必ず改善するポイントを見つけることです。
     

    4.メンタルを健康に保つ努力を

     50歳になって、転職活動がうまくいかないと、自分に自信をなくすはずです。人間の集中力が24時間続くことはないのですから、生活の中でがんばる時間を決め、時には愚痴や弱音を吐きながら、転職活動を続ける英気を養いましょう。それが、あなたのメンタルの健康を保つことにもつながります。

    転職が決まるまでの時間も大切に

     転職活動を続けるのも大事なことですが、それだけに時間を費やすのはもったいない話です。自分の人間力を磨くという意味でも、時間に追われているときにはできなかった趣味に没頭したり、読書や映画鑑賞、異業種交流会に参加するなど、気分転換を兼ねた時間を持つようにしましょう。メリハリのある転職活動が、あなたを望む結果に導いてくれるはずです。

    公開日:
    最終更新日:2016/06/27